陶器椅子

日本の良質な大地からの恵みを活かし、安土桃山時代・美濃地方の土を熟成させて作ったオリジナル

陶器椅子と茶壺でほっと安心する大きなぬくもりを感じてください。

土のぬくもり

人はぬくもりがあると安心します。温かい場所を求めるのは人間の生きる本能だから。

熱=エネルギー。熱は人間にとって必要不可欠。身体の生存機能調節は熱によって調整しています。

病氣の時は、発熱して免疫を高め、細菌を排出します。体内の毒を排出するには熱がないと出来ないのです。

身体が自然と受け取れるもので熱を加えていくと、自然のリズムを取り戻します。人間は土に触れると安心・安定します。

それは、地球の大地が人間本来の心身バランスを調整してくれるから。

土はぬくもりがあり、ふかふかで私たちをいつも包み込み護ってくれている大きな存在です。

まさしく母なる大地。

日本古来からの大地からの恵みは、私たち人間を本来の生きる姿へと変容するサポートをしてくれます。

ミネラルもたっぷりの素焼きでカラダを整える手助けをしてくれます。手触りにもこだわり滑らかな触り心地。

陶磁器は殺菌・滅菌効果が優れており衛生的。また、遠赤外線効果が高く、カラダを芯から温めてくれます。

陶器座浴椅子

日本の大地からの恵み、安土桃山時代・美濃地方の土を熟成させて作った陶器椅子と茶壺。

ミネラルたっぷりの素焼きです。空気層が多く水をすぐ吸収しサラッとした使い心地を実現。

手触りにもこだわり、滑らかな触り心地。

大きめに作っているので

座っていても余裕な安定感があります。

直径37cm X 高さ35cm

(手作りなのでそれぞれ若干の違いがあります。)

素材

黄土は、1200度以上の高温焼成で焼き上げています。

陶器(土もの)と磁器土(白い焼き物)の違いは

吸水性の有無になります。釉薬を塗らない状態の場合は

どちらも「素焼き」になります。

今回使用している黄土はいろいろな部分で

自然が生み出した適当な超微細な隙間が出来上がり完成したものです。

熟練の技術と磨き上げた経験があり、試行錯誤の末、

黄土と焼成方法の微細のコラボを職人業で上手く一致させることが出来たため

素晴らしい座浴椅子が完成いたしました。

素焼きのメリット

天然原料の陶土をブレンドして製作した黄土になります。

さらに、釉薬を塗らない状態で、1200度以上の高温焼成をするため

原料に含まれる金属などは蒸発し純粋なセラミックのみになります。

そのため遠赤外線効果も含まれる状態となっています。

茶壺

天然のハーブ・精油に調和する土を用いた専用茶壺です。

光沢があり素敵な茶壺です。直火可。

熱伝導が良くまた熱膨張などの変化が少ない陶土を使用しています。

また焼成方法や高温焼成(1250度以上)にする事で強度を高めています。

タイトルとURLをコピーしました