オリジナルメニュー構築の仕方

【オリジナルとは、自分しかできないこと】

心花スクール第2期始まりました!

オリジナルメニュー構築していきます。

①自分の中の、ある言葉に対しての、意識を明確化にしていきます。
自分の意識(意思、意志)を展開していきます。

自分の心が使っている言葉がわかると、自分にしか出来ないことが見えてくる。

 

この潜在意識から出てきた言葉が

そのままUSPになるんです。

 

 

②さらに、ある手法を使い、パズルゲームのようにオリジナルメニューが出来上がります。

ある立体を創ります。

 

そこから、感情を引き出していきます。

 

自分の出してるエネルギーの感情が、立体的に見えます。

 

つぎに、その立体から

③自分にしか出せないエネルギー量を、数字に変換していきます。

 

これが価格表になります。

 

すると、自分が時給いくらのお仕事量を出せるかがわかります。

潜在能力価格も出されます。

 

自分を信じて行けば、そのエネルギー量を出せる能力は備わっていることがわかります。

 

自分の可能性が見えるとワクワクしてきます!

 

自分にしっくりくる

オリジナルメニュー
肩書き
コンセプト、理念
メニュー価格

が完成します。

 

 

自分にしか出来ないことがわかると

楽しくなる!

自信が湧く!

 

早くみんなに教えたくなる!

 

自分を知ることで

オリジナルメニューが完成しちゃう!

 

 

戦国武将に学ぶ、色彩心理。赤い甲冑の意図とは!?

色彩心理を勉強していくと、戦国武将も色彩心理をよく
分かって戦いをしていたことが立証されます。

赤い甲冑は、武田信玄でも有名ですが、
これは、切られて赤い血が出ると
全体の士気が下がってしまいます。

赤い甲冑だとこれをカモフラージュできますよね。
戦闘意志の低下を防ぐためのものだったのです。

さらに、昔は草むらです。
草原の中に赤い甲冑が勢ぞろい!

赤と緑
これ補色の関係です。

草むらのなかだと目立ってしまってマイナスでは?と思いますが、
これは、それを逆手にとり敵と味方をすぐ判断できる!という
考え方でした。

赤を引き立てる緑には、整然として威厳が溢れていたでしょう。
また、膨張色の赤は、相手がすぐそこにいるように見えるのです。
身体を大きく見せるというのもありあます!

これのビジョンを見ただけでも相手がしり込みしてしまうという
氣をそぎ落とすことを色からもしていたわけです。

相手の心理をよく利用していますよね。

やっぱり色って面白い!!

戦国時代、すでに色彩心理を知り、活用していた武将とは?
via:http://matome.naver.jp/odai/2129490896939955401/2129499419241262903

時代とともに変わる色彩言語:「黒」のイメージが変化している現代!

色彩言語も時代と共に変わってきています。

近年、スマホなど増えて光が多い日常生活になっています。

あなたは、暗闇と聴くとどうゆう感情が出てきますか?

黒という色彩言語は
こわい、おそれ、絶望、など、キーワードとしてマイナス的な捉え方が多いかもしれません。

しかし、現代
黒に対しての色彩言語が変わってきています。

黒のイメージは
かっこいい、クール、強そうなどです。

色彩感覚から色彩言語が産まれる
人間が進化していくとともに。
色彩言語も進化していく。

諸行無常のこの世です。

そのような現代をあらわしている記事を紹介します!

メラニンが過剰に生成され体が黒くなる「メラニズム」の動物達がカッコイイと話題になっています。
VIA::http://news.nifty.com/cs/item/detail/gooranking-20151230-2425/1.htm