★iflower Steamのこだわり

 

 

★座浴椅子について

粘膜からカラダの吸収されることを考え一番安全で安心で、カラダへの思いやりを伝えるため日本の美濃地方の黄土を使用したオリジナル黄土座浴椅子です。

【座浴椅子について】

日本の美濃地方の黄土を使った、ミネラルたっぷりの素焼きです。

手触りにもこだわり、滑らかな触り心地。

お掃除やお手入れも簡単です!

大きさも少し大きめに作っているので

座っていても余裕な安定感があります。

直径37cm X 高さ35cm

(手作りなのでそれぞれ若干の違いがあります。)

 

【素材について】

黄土は、1200度以上の高温焼成で焼き上げています。

陶器(土もの)と磁器土(白い焼き物)の違いは

吸水性の有無になります。釉薬を塗らない状態の場合は

どちらも「素焼き」になります。

今回使用している黄土はいろいろな部分で

自然が生み出した適当な超微細な隙間が出来上がり完成したものです。

熟練の技術と磨き上げた経験があり、試行錯誤の末、

黄土と焼成方法の微細のコラボを職人業で上手く一致させることが出来たため

素晴らしい座浴椅子が完成いたしました。

 

【素焼きのメリットについて】

天然原料の陶土をブレンドして製作した黄土になります。

さらに、釉薬を塗らない状態で、1200度以上の高温焼成をするため

原料に含まれる金属などは蒸発し純粋なセラミックのみになります。

そのため遠赤外線効果も含まれる状態となっています。

 

 

 

【茶壺について】

天然のハーブ・精油に調和する土を用いた専用茶壺です。

光沢があり素敵な茶壺です。

熱伝導が良くまた熱膨張などの変化が少ない陶土を使用しています。

また焼成方法や高温焼成(1250度以上)にする事で強度を高めています。

 

 

 

★黄土について

黄土には、体を温めるのに効果的な酵素がたくさん含まれており、温める効果の他には、解毒・殺菌作用や浄化作用も期待できます。ハーブを煎じる黄土壺を60度以上で加熱すると、遠赤外線が多く放出されるので、温め効果はかなり上がります。

黄土は、中国をはじめ、中央アジアやアメリカ、アフリカなどにもある土です。

なんと、 100年~1000年ほど、太陽の光をたっぷり浴びていた黄土なので、太陽から与えられたエネルギーをいっぱい蓄えている貴重な土なのです。

黄土ひとすくい分には、2億個以上の微生物が生息しているので、細胞の働きを活性化してくれる上に、血流促進、新陳代謝アップなどと合わせてダブルで効果が得られるのです。

黄土は、昔から単純な土としてではなく食や住居にも利用し健康のためにも活用してきました。

漢方座浴の発祥地とも言われる韓国では、家づくりに黄土を利用したり、赤潮のために死にかけている海や、汚染された川を回復させ魚類の成長を促したり、黄土で農作物を作ったりしていました。その土壌で育った野菜は薬菜となります。

さらに炭をこした水に黄土を混ぜ、上澄みを利用すると野菜や果物の農薬を洗い流してくれるそうです。
また黄土は石鹸、パック、タオル、ハンカチ、ベッドカバー、枕、クッション、マット、座布団、衣服・・・に至る様々なものにも活用されています。黄土で作られた壺で保存したキムチや醤油、味噌の味は格別で、これは風通しが良く毒素を取り除くといわれる黄土の陶磁器の発酵と熟成が美味しさの秘訣となるのです。
その他、韓国ではファントパン(黄土でつくられた部屋)も最高です。

黄土の部屋で休むと、爽快で活力に満ちた朝を迎えることができます。
汗をかいたらさらに良く、身体の中の様々な老廃物や毒素が排出され、血液をキレイにしてくれます。
微粉子の黄土は、微細な穴を通じて空気が自由に出入りし、温湿度などを適切に調節してくれるほか、多くの酵素を含み解毒や浄化作用にも優れています。
黄土本来の力でも遠赤外線を放射しますが、熱を加えることで更に強まり深部加温に役立ちます。

 

 

黄土座浴椅子の7種類の緩和できる効果&長所

1.強抗菌力で婦人病

2.痔をはじめ肛門疾患(男性にも役立ちます)

3.皮膚美人

4.下腹部肥満

5.子宮系・女性ホルモン疾患

6.出産後のケア、膣筋肉の復活

7.贅肉を取る=老廃物の除去

 

黄土蒸しと普通のよもぎ蒸しの決定的な違いは、座器と壺にあります。座器と壺に黄土が使われているので、普通のよもぎ蒸しに黄土の効果も加わり、さらに健康効果、美容効果が期待できます。

 

それを黄土製に変えるだけで、効果は80倍近くになると言われています。黄土そのものからの効果と、黄土がよもぎの成分の吸収率を上げてくれることで、普通のものより約80倍もの効果が期待できるのです。

黄土以外で使われる座器は、ほとんどがプラスチック製か木製です。

 

プラスチック製の座器の問題点

プラスチックは、腐らないですし、乱暴に使わない限りは、割れたりなどの破損もあまりありません。ですから、長く使えるし、雑菌が発生する恐れもないので、安心なように思えますが、化学物質で作られている点が少々問題になります。プラスチックがかなり危ない素材だと言っているわけではありません。普段なら気にならないプラスチックでも、よもぎ蒸しに使うとなると、神経質になる人もいるのではないでしょうか?

よもぎ蒸しは、直接、膣の粘膜にスチームを当てます。そのスチームの中に、プラスチックの化学成分が溶けている可能性もなくはありません。

そう考えると、少し怖いですよね。

一度や二度、プラスチック製の座器でよもぎ蒸しをしたからといって異変が起こるわけではありませんが、継続することで化学成分が蓄積される恐れもあるかもしれません。

だからこそ、黄土製の座器が推奨されるのです。

 

木製の座器の問題点

プラスチックよりは、安全ですが、木製の座器にも多少問題点があります。天然の木でできた座器ですから、もちろん化学成分は含まれていません。

しかし、天然製である限り、寿命は短く、湿気によってカビが生えたり、雑菌が発生したり、腐ったりというトラブルがあるのです。

スチームがあたるので、湿気は避けられませんから、こればかりはどうすることもできません。また、温かくなると、雑菌がさらに繁殖しやすくなるので、かなり衛生管理を徹底しなければいけません。

定期的に取り替える必要もあるので、木製の座器にも、管理の面でかなり問題があります。その点、黄土Steamは、黄土自体に殺菌作用があり、土なので腐る恐れもなく、管理が楽で衛生面もバッチリなのです。

黄土に含まれる酵素にも注目が集まっていることもあり、今後もさらに黄土蒸しがメジャーになるかもしれませんね。

*****************************************

座浴椅子を使用してオーガニックハーブでディトックスして参りましょう。

 

 

 

もう香水はいらない。。。。

女の中の細胞が開花するiflowerSteam

ご予約はこちら↓

RESERVA予約システムから予約する